• トップページ
  • 会社案内
  • こだわり
  • 商品
  • お客様の声
  • 採用情報
  • お問い合わせ

阿部善商店ブログ ZENLOG

おでん

美味しいおでんの作り方☆

おでん | 商品紹介 | 夕食 | 夜食】2015.02.07 すーちゃん

英語変換    中国語変換
 
こんにちは。すーちゃんです(。 ・v・ 。)

この寒い季節、夕食におでんや鍋が登場する機会も多いと思いますが、
「美味しいおでんってどうやって作るんだろう」と思うことはありませんか?
阿部善商店のおでんセットを使えば、簡単に美味しいおでんを作ることができますよヾ(o´∀`o)ノ



□■□ このレシピで使用した商品 □■□
塩竈おでん 》      《 たこ団子 》 
 

うずら巻 》      《 語りつがれたさつま揚
 

□■□ 材料(4人分) □■□
塩竈おでん:2パック
たこ団子:1パック
うずら巻:1パック
語りつがれたさつま揚:1パック
※お好みで:大根・卵・たこ・ちくわぶ・にんじん・結び昆布・はんぺん…等

~~ 下準備 ~~
①こんにゃくは袋から出し軽く水洗いし、味が染み込みやすいよう隠し包丁を入れます。
②大根は食べやすい大きさに切り、隠し包丁を入れて下ゆでします。
③卵は固めにゆでます。
④揚げ物(練り物)はさっと熱湯をかけて油抜きします。

□■□ 作り方 □■□
①添付のスープ2パック分を鍋にあけ、1200ml ~ 1800ml の水で薄めて煮汁を作ってください。
 ※お好みより加減してください。
②こんにゃく・大根・結び昆布・たこ・ちくわぶを入れ、中火で加熱します。
 煮立ったら弱火にして15~20分ほど煮込みます。
③練り物(はんぺんを除く)・がんもどき・もち巾着を加え、さらに弱火で10~15分ほど煮込みます。
 ※練り物は煮込みすぎると汁に旨みが出てしまいます。
④ここで火を止めて冷ますとおでん種に味が染み込みやすくなります。
⑤食べる直前にはんぺんを入れて温めます。
⑥スープの味を確かめ、味を調整したら完成です♪

☆団子製品やたこ等は竹串にさすと食べやすくて可愛いですd(ゝω・´★)

おでんが美味しい季節です!

おでん | 商品紹介】2012.10.06 admin

こんにちわ! お久しぶりです。揚げかま坊や 善ちゃんです(*^^*)

 

急に気温が下がり、すっかり秋らしくなりましたね!

いよいよ、おでんの美味しい季節到来ですねぇぇ!!


阿部善商店は、昭和55年に日本で初めておでんセットを考案し、
製造販売を開始しました。
今では日本だけでなく、アメリカなどにもおでんセットを輸出しています(*^。^*)

 

 

阿部善商店自慢のおでんセットは、なんといっても!
かきの旨味だしスープが決め手の、塩竈おでんです(^O^)/
さっぱりとした中にもコクがあり、揚げかまぼことの相性も抜群!!
幅広い層のお客様に、長年愛され続けている商品です♪

 

今年はもう、ご家庭でおでんは食べましたか?
今晩の夕食に、ぜひ!阿部善商店のおでんはいかでしょうか(*^。^*)

 

「ねり鍋」の美味しいお召し上がり方

おでん | 夕食】2011.10.18 O-HARA

◆◆ ねり鍋は現在休止中です ◆◆


ねり鍋は、宮城県塩釜市名産のねりもの(魚肉練り製品)」にお好みの野菜などを加えて食べる、寒い季節にぴったりの新しい鍋料理です。
かきエキス入りスープと仙台味噌使用の旨辛味噌スープの「Wスープ」が具材の旨みを引き立て、最後まで美味しくお召し上がりいただけます。
(ねり鍋の販売は3月で終了いたしました。)


内容 : 11種13個、とろろ昆布1袋、スープ2袋

 

● ねりもの9種類 各1個
(あみ入り角天・野菜天・たこ天・きんぴら揚・えび団子・ごま枝豆小判・五目玉・小判揚・魚つみれ)
● しらたき・玉こんにゃく 各2個
とろろ昆布1袋
● スープ 2袋(かきエキス入りスープ、仙台味噌使用 旨辛味噌スープ)


★お召し上がり方★

① 具材とねぎや白菜等の野菜を食べやすい大きさにカットします。

② 添付の「かきエキス入りスープ」を鍋にあけ、カップ3杯(600ml)の水で薄めて煮汁を作ります。

③ 先に具材(ねりもの・しらたき・玉こんにゃく)を10分程度煮込み、次にカットした野菜を加え煮込みます。野菜がしんなりしたところにねぎを加えてください。

④ 全体に火が通ったら「仙台味噌使用 旨辛味噌スープ」を入れ、よく混ぜてください。これで出来上がりです!

⑤ ある程度召し上がった後、添付の北海道産とろろ昆布を鍋または器に入れて溶いてください。とろろ昆布の旨みがプラスされ、ひと味違った美味しさ(味の変化)が楽しめます。

⑥ 最後の締めとして、旨みがたっぷり残ったスープも余すことなく、ご飯やうどん・ラーメン等を加え美味しくお召し上がりください。


★ポイント★

・ こんにゃく類は、袋の水を捨て軽くすすいでからご使用ください。

・ ねりものは、さっと熱湯にくぐらせ油抜きするとさらに美味しくお召し上がりいただけます。

・ 野菜をたくさん入れますと味が薄くなる場合もありますので、お好みに合わせて水の量を調整してください。

ねり鍋

ねり鍋

 

ページの上部に戻る